代表メッセージと事業領域

Excective Consultant 平林 秀樹

Excective Consultant 平林 秀樹

「頑張れニッポン」

慶應義塾大学工学部応用化学科卒業後、(株)リクルート入社、 (株)リクルート映像に配属。同社では、企業の現場(工場、営業、 サービス等)で働く人たちの「知恵の共有」、「暗黙知の形式知 化」に早くから着目。メディアを活用したミーティングの実施など、 現場の変革にむけた「仕組み」や「仕掛け」を提案・実践してきま した。

また、経営改革と現場の変革の両面から「企業の変革」 のプロセス設計を支援し、変革活動を全社で推進する際の「メデ ィアの活用」「コンテンツの構造化」「メディア制作」などにプロデ ューサーとして参加。「メディアを使って、効果を出す」という視点で問題解決に臨んできました。同社での活動の中心は、メーカ ー企業。特にトヨタ自動車様での仕事を進めるなか、販売会社の経営改革活動、人事制度改革推進などにコンサルタント及び メディアプロデューサーとして関わって参りました。

リクルート時代に取り組んできた、主な内容は
① 企業理念の共有・浸透
② 人事制度改革プロジェクトの推進支援および全社展開・運用支援
③ 人財育成の再設計。なかでもOJTの再設計や仕事の型の具体化
④ 各事業部門の変革プロジェクトの推進・支援
⑤ 販売会社、関連会社の経営改革および、それに伴う経営幹部や管理職の育成支援

2002年独立後も、トヨタ自動車様をはじめ、ものづくりを大切にする企業を中心に、活動を推進してきました。2004~2005年には、 経済産業省が推進するMOT(Management of Technology)科目開 発を東京大学先端科学技術研究センターの妹尾堅一郎教授とともに取組み、15科目を開発し、高い評価をいただきました。

2006年6月(株)グラスティ設立。「理念と経営と人財がリンクした、組織の活性化と人的資源開発」を中心としたコンサルティング業務を展開し、人が力を発揮できる会社にすべく尽力しています。

2008年からは、日本が老舗大国であることに着目。以降、老舗ファミリービジネスのコンサルティングを行うと同時に、ファミリービジネスの研究をスタート。
FBAAの設立とともに、執行役員で参画。現在は、大学院で老舗企業の企業理念と家訓の関係を研究するなど、「頑張れニッポン」を具現化しようと、様々な取り組みを行っています。

グラスティの事業領域

ファミリービジネス、事業継承、後継者育成|100年先の会社のために

グラスティは、日本ファミリービジネスアドバイザー協会(略称FBAA)参画企業です。
ファミリービジネスに関するコンサルティング業務の展開にも着手しました。

■日本ファミリービジネスアドバイザー協会(FBAA)
ファミリービジネスの永続的発展を支援する、ファミリービジネスアドバイザーの養成と交流を目指す、日本で初めての協会です。世界最先端のファミリービジネスの研究を進めるFFI(米国・ボストン 世界56カ国 1600人の会員)設立メンバーを アドバイザーに、日本の長寿企業の研究、ファミリービジネスにおける最先端の研究と情報などを融合させたコンサルティング論などを研究するとともに、ファミリービジネスの持続的発展を支援する様々な活動を行っています。

主なサービス

ファミリービジネスコンサルティング日本のファミリービジネス特有の問題点の解決策(仕組み・仕掛け)をコンサルティング

人的資源開発コンサルティング「チームIQ」の高い組織構築のための調査と解決策(仕組み・仕掛け)をコンサルティング

組織診断・リーダーシップ診断「成果を出す行動がとれない」など組織の問題を感情・行動の両面から分析し真因を特定

人事制度設計管理のための人事制度ではなく、組織力を高めることを支援する「人事制度」を設計提案

リーダーシップ研修6つのリーダーシップスタイルへの理解を促し組織特性と状況に合わせた行動につなげる

理念浸透に向けた映像・教材制作理念や価値観の浸透プロジェクトを支援する映像ツールの企画制作

ファミリービジネス情報 家訓・家憲ドットコム

グラスティの運営するアパレル事業

RINCOUTURE